F power TM-101 F power TM-101

3次元重心ゾーンは今までの機能を覆す
「スイングが作れる」フィーリング重視!

ヘッド内部に4個のウエイトを搭載。最適重心を狙える。【ヘッド総重量194gでのスペック比較】 ノーマルセッティング

トゥ前方2g、ヒール前方2g、トゥ後方4g、ヒール後方4gのウエイト配置。一般的なヘッドに比べて重心角と重心深度が大きいが、重心距離は短い設計。芯を外したミスショットでも4個のウエイトがボールの推進力をアップする。

※ R&AのSLEルールには、ヘッド重量210gまでが適合なので、210g以下を推奨いたします。

 データ
重心角27°
重心距離32.8mm
重心高32.8mm
重心深度34.0mm
フェースプログレッション16.7mm
軸線深度17.3mm

浅重心つかまり系

トゥ後方1g、ヒール前方10g、ヒール後方1gのウエイト配置。重心は浅くなりヒール側に移動する。ヘッドの操作が俊敏になりフェースターンしやすく、打ち出し角とスピン量を抑えた強いボールが出る。

 データノーマル比較
重心角27°0
重心距離32.4mm-0.4
重心高33.7mm0.9
重心深度33.5mm-0.5
フェースプログレッション16.6mm-0.1
軸線深度16.9mm-0.4

深重心つかまり系

トゥ後方2g、ヒール後方10gにウエイトを配置。重心は深くなりシャフト軸線寄りに移動する。ほどよくヘッドターンしやすくなり、打ち出し角を確保しながらボールをつかまえドローボールが出やすくなる。

 データノーマル比較
重心角29°2
重心距離32.6mm-0.2
重心高32.2mm-0.6
重心深度35.8mm1.8
フェースプログレッション18.5mm1.8
軸線深度17.3mm0

浅重心逃がし系

トゥ前方10g、トゥ後方1g、ヒール後方1gのウエイト配置。重心は浅くなりシャフト軸線から遠く移動。フェースターンを抑え、球離れをより早くしてつかまりを軽減し打ち出し角とスピン量を低くする。

 データノーマル比較
重心角25°-2
重心距離34.0mm1.2
重心高31.6mm-1.2
重心深度34.3mm0.3
フェースプログレッション16.1mm-0.6
軸線深度18.2mm0.9

深重心逃がし系

トゥ後方10g、ヒール後方2gにウエイトを配置。重心は深くなりシャフト軸線から遠くに移動する。ロフトを確保しながらフェースターンを抑え高い打ち出し角のフェードボールが出やすくなる。

 データノーマル比較
重心角28°1
重心距離34.6mm1.8
重心高32.6mm-0.2
重心深度35.2mm1.2
フェースプログレッション18.1mm1.4
軸線深度17.1mm-0.2

一般的なフェースプログレッションの測定法は、ロフト・ライ測定器に固定してシャフト軸線からリーディングエッジまでの深さを測るため数値が一定だが、今回の測定法は重心角およびシャフト軸線深度を基準に測定したため、フェースプログレッションが異なる。
例えば、シャフト軸線を水平にしてヘッドを垂らした場合、重心角が大きくなるとリーディングエッジの張り出しも大きくなるのでフェースプログレッションも深くなる。


power TM-101

F power TM-101

ロフトLL/9.5°ML/10.5°HL/11.5°
ライ59°
FA00HOOK 0.5°
フェース素材βチタン
ヘッド体積460cm3
ヘッド重量185g +(標準時2g×2個+4g×2個)=197g
有効打点距離31.532.033.5
重心深度34.535.036.2
重心距離353536
ヘッド高さ61.7
フェース高さ52

重量調整用ウエイト
前部/1・2・3・4・5・6・8・10g
後部/1・2・3・4・6・8・10・12g

※重量調整用ウエイトは標準時に装着されたウエイト以外は有料です。
実用新案登録済
ヘッドカバー付き

▲ページの先頭へ戻る


F Power TM-101

F Power for Ultimate Custom Fitting

F Power TM-101 featuring 4 exchangeable weight screws (large and small) in 2 weight ports inside the body, the world's first internal structure of a wood head, was designed to promise best performance to any types of players.
2 small weight screws are equipped on the face side on the shaft axis externtion line in 2weight ports. Small weight screws are available with 8 different weights (1, 2, 3, 4, 5, 6, 8, 10g). 2 pcs. of 2 g small weight screws are already equipped.
2 large weight screws are equipped on the back side in 2 weight ports.Large weight screws are available with 8 different weights (1, 2, 3, 4, 6, 8, 10, 12 g). 2 pcs. of 4 g large weight screws are already equipped.
Combinations of 4 weight screws change location of the center of gravity in very wide range.
In accordance with locations of the center of gravity, center-of-gravity distance, center-of-gravity angle, depth of center-of-gravity and height of center-of-gravity, which determine ball flight characteristics, also change.
Setting up the best location of the center of gravity by use of 4 weight screws, F Power will surely promise to launch balls as each player expects.
The internal structure of '4 exchangeable weight screws in 2 weight ports' was registered with utility model.

Specification

Material

  • Face: β Ti
  • Body: 8-1-1 Ti

Head volume

  • 460 cm3

Loft

  • LL (9.5°), ML (10.5°), HL (11.5°)

Lie

  • 59°

Head weight

  • 194 g (+/- 2 g) including 4 weight screws (2 x 2 g + 2 x 4 g)

Weight screw

  • Small (face side): 1, 2, 3, 4, 5, 6, 8, 10 g
  • Large (back side): 1, 2, 3, 4, 6, 8, 10, 12 g

Note

  1. Face progression shown in the catalog is distance between the center of gravity and leading edge.
  2. We recommend to set up head weight at 210 g or less to have F Power conform to the SLE rule.

▲ページの先頭へ戻る